ブログに区切りをつけるにあたって〜発言はいつも周縁から〜

今日、引越屋さんが来て母親と妹の荷物を運んで行きました。
これからは基本的に東京で父親と二人暮らしです(深刻な事情。ではない)

一週間続くかどうか怪しかったブログも、もう記事数103件を数えるほどになりました。

人は変化に富んだ毎日を送るとき、日記を付けたくなるといいます。
実際このブログを始めた当初は色々なことがとても不確かで(分かりにくくてゴメンなさい)、二週間先のことなど考えることもできませんでした。
途中から状況も落ち着くに従って、不思議なことに執筆意欲は減退しました(笑)人は追いつめられている方が、感性が研ぎすまされるようです。戦争は完全な悪であるはずなのに、あれほど人を輝かせてしまうのもうなづける気がします。それとこれとじゃ比較にならないか。

当たり前のことですが、「WEB上に公開する」ということが、日記とブログの大きな違いです。
そこでは他者の視線が意識されます。たまにそうでない文章も見かけるけど。他者の存在があるからこそ書けないことも出てくるし、本当に心の中で思っていることを敢えてずらして「外向きに」書くようなことも出てくるでしょう(じゃあ意味ないじゃん、という意見はひとまず置いておいて・・・)。
そんなデメリットがあるのになぜ皆ブログをやりたがるかというと、「公開」の場において「発言(最近よく意識する言葉)」する権利を得られるからです。「発言」=「自分はどう思うか」であるので、この行為は人間の本能である「(集団の中での)自己実現の欲求」を満たすのに非常に重要な役割を果たします。意見等ではないように思える日々の出来事、例えば今日どこどこに行ったとか、誰と会ったとか、何を食べたか、といったことでも、その人が選んだうえでの行為・記述であるので、「その行為を選んだ自分」を周囲に知らしめることになりやはり「自分を知ってもらうこと」につながるわけです。読んでて面白いかとか、与えるインパクトの強さの程度は変わってくるでしょうけど。
この「自己実現の欲求」を満たしたいという気持ちがあったので、そう変化のなくなってきた毎日の中でもブログ執筆へのモチベーションを持ち続けることができました。完全な自分用の日記だったら三日も持たなかったと思います。
在日韓国・朝鮮人の研究をされている原尻先生の授業で聞いた、「発言はいつも周縁から」という言葉がとても印象的です。社会の中で不当に扱われている人、またそう感じている人、日常に不満な人々は特に、自分の置かれた境遇を考え、発言しようとします。しかし、日頃から抑圧された存在である彼等の意見は大抵「声なき声」なので見過ごされてきました。インターネットはそんな人たちにも「発言権」を与えたのです。(女性作家の台頭もこれに起因するところが大きいようです。もちろんどのくらいの大きさの「舞台」を得られるかは個人の力量にかかっています)。自分の置かれた境遇をこれに当てはめるのはやや傲慢な気がしますが、相似な部分はあると僕は思います。逆に言えば、普段の生活になんの不満も疑問ももたない人は、必然的にブログ執筆意欲は低くなるでしょう。「私ってすごいの!」的な自慢日記系は別として。まあ、自慢日記も「自己実現の欲求」に貢献しますが。

と、いうわけで今僕が思っていることをつらつら書いてきましたが、時間の経過に伴いこのブログの三本柱だった
「教習(苦痛だった)」→終了
「教職(目から鱗、が多かった)」→学校が休みなので授業なし
「バイト(特にきつかった電器屋と印象的だった家庭教師)」→終了
そして「神奈川でちょっと不本意に一人暮らし」という設定も崩れ始めています。
時期的にも状況的にも、「クニの教習教職バイト日記」は一旦ここで幕を下ろすのが適切だろうと判断した次第であります。いつも読んでくれていた人ありがとう。
とはいえまた近いうちに新しいのを始めるつもりです(笑)

103件の記事の中のどれか一つでも、心に残ってくれている部分があれば嬉しいです。


b0056672_18453622.jpg



おまけ
このブログはMixi日記にも設定しているのですが、「タイトルを見て文章を読むか読まないか」を決める層の存在は無視できないようです(笑)ちなみに一番訪問者数が多かったのは昨日で、2月13日あたりも多かったです。
気になる?アクセス数ですが、このブログは訪問者数しか分かりません。
一人一日何アクセスくらいしてくれてたんでしょうね。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-19 17:31 | 思ったこと

結果発表と大ナイ

昨日、進学者発表がありました。
b0056672_151251.jpg




ありました。自分の名前。






もう、発表見に行くときは入試の合格発表より緊張したかも(汗)
本郷に行く前提で色々事を進めていたので...。

居心地は良いが作業はすこぶるつまらない(てかバイトってみんなそうか)打ち込みバイト先を後にし、大学生ナイトへ。
そういえば、僕が初めて行ったクラブイベントが大ナイです。
入学前の春休みに、それ以前からの友達に恋虹を紹介されて、メンバーとの初顔合わせ&初クラブでした。
「こんなにゲイの人たちがいるのかー!」と純粋に驚くと共に、周囲が皆カッコ良く見えたものです。あ、踊りながら抱き合ってずっとディープキスしてる二人も当時は印象強烈でした。

朝方ABBAのDancing Queen がかかって(その時はそれしか知ってる曲がなかった)、小刻みに光る照明の中皆が踊っている今の光景は、この先ずっと忘れないんだろうなーと思った。

あれから二年。長かったような、短かったような。
自分は変わったような、結局変わっていないような。


...とまあ大ナイの日はいつも回想モードになるのでした。
ちなみに画像は本文とはあまり関係がありません。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-18 14:03 | 日記

思い立ったら高尾山

b0056672_2214649.jpg
今日は高尾山に登ってきました。
平日に行って大正解。土日には家族連れでごった返す山道も
ほとんど人がいなくてリフトも快適でした♪

山頂で立ち寄ったインフォメーションセンター?でスライドを見つつお話を聞く。
ああいうのってどうしても避けてしまいがちだけど、
やはり彼らは山のことをよく知っているので
折角の機会だし聞いてみると良いと思います。
意外とムササビは簡単に見れるらしい。今度見に行きたいなー。
何気に途中のお寺でお坊さんの集団とかガテン系お兄様もいたし。

リフトは四時で終わってしまったので、
ワケあり風カップル二人とすれ違いながら歩いて下山。
さっきのセンターには高尾山関連の書籍があり、僕の好きな雑誌の一つでもある散歩の達人もあったのですが、そこで良さ気なお店が紹介されていたので、
高尾駅で下車して行ってみたら大正解☆
「幸せ~」とM嬢。焼きたらこってあんなに美味しかったのか…。
高尾山口周辺はどうしても観光地価格の蕎麦屋ばかりになってしまうので、
一駅ずらしてお店を探してみるのも良いかと思います。

→400年前に作られた干支の表。(の一部)b0056672_2221569.jpg
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-16 21:54 | 日記

まず一つ目

b0056672_17214743.jpg

社情研合格しました。やたー!
新たな世界へのステップになればと思います。
面接で落ちた人はほとんどいなかったみたい。
修了者は入学者の三分の一程度っぽいので、途中で脱落しないようにしようっと。

後は17日の進学者発表(認定に受かったかどうか)を待つのみです。
こっちのほうが重要・・・。
昨日恒河沙(ちょっと斜に構えた学内マガジン。実は愛読者。)を読んでたら、執筆者で認定落ちた人がいるらしい。
「問題は簡単だけど評価は厳しい」というのを読んでかなり不安。(これは英語だけど)

ノンケサークルに入っているわけでもなく、特に目立った課外活動もしてなかった自分にとって、駒場留年は痛いです。
もう駒場でやることないし、平均点上がるわけでもないし。
事情によっては本郷留年はアリかなとは思っていますが、
駒留は嫌だなー。

じゃあもっとスペイン語真面目にやっとけよって話だけど(汗)
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-14 17:20 | 学校

現状報告

最近実家に帰っていたのですがb0056672_21252882.jpg
今日は一日引越しの準備。まったくはかどりません。
Mixiのログイン回数だけが増えていく・・・
別にいついつまでにやらなければいけない、
というわけではないのでついつい後回しにしてしまう。
去年ミャンマーで買ったマドンナのコンサートDVDを見たんだけど、
日本の昔のマンガ(聖闘士 星矢とかキューティーハニーか?)がスクリーンで大写しにされてたり、忍者の衣装やセット(アメリカ人の日本観ってこんな感じなのかな)が使われてたりと日本要素てんこ盛りでした。意外。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-13 21:25 | 日記

韓国3日目~飛び入り参加とDrinking Party

友達は6時に起きて帰国。
ロッテ免税店でお土産を探すも、店員のしつこさに辟易。
みなさん日本語がお上手で。

お昼に、タイ・ミャンマー研修で知り合ったタイの女の子に紹介してもらった
韓国人の女の子と待ち合わせしてお昼ご飯を食べる。
その後、僕の希望でソウルにある梨大学(名前不確か)へ。
ラウンジとか学生の様子を見学し、ある授業中の教室をのぞいてたら、
遅刻してきた学生と勘違いされて先生に声をかけられる。
で、結局事情を話し、彼女と飛び入り参加!
新学期始まって間もないので、お互いの趣味とか専攻について話す
Listenig and Speaking の授業だったみたい。
僕も先生に前に呼ばれて、学生からの質問に答えたりしました。
彼らは美術専攻の学生なので、宮崎駿に興味がある様子。
あと、「すごいよマサルさん」が大好き♪って子もいました。
あれって翻訳可能なの!?

夜は彼女とその友達との飲み会兼誕生パーティーにお邪魔させてもらいました。
軍隊生活経験後の男友達にちょっと期待してたのですが、
一人外見も中身も
☆★LOVE★☆
な子がいて内心ちょっとドキドキ(笑)
最近失恋しちゃったらしい。
「日本の女の子は貴方みたいな男が好きだと思うよ~」と言ったら
「紹介してよ~」だって。私の気も知らずに・・・(悲)
兵役期間中にデモ隊と戦って殴られたりしたこともあるそうです。
居酒屋(というよりパブ)には若者グループが沢山いて、
迷彩服軍団も見受けられました。

韓国人はスキンシップが好きです。
特に女の子はよく街中で手をつないだり腕を組んだり。
おじさんがやってるのは見なかったけど・・・
↑の男の子は僕の膝に手を乗せて来ました(笑)

今回は男女3人ずつの友達グループだったのですが、
見てて仲の良さが伝わってきました。
あと、自分にとても気を使ってくれているのが分かりました。
正直ここまでフレンドリーだとは思ってなかったので、ちょっと意外。

その後はカラオケへ。みんな1フレーズ歌ってはすぐ止めて、次に移る。
一曲歌いきることは少ない模様。タクシーを拾って帰宅。

やはりお店の人とかガイドさんだけではなくて、
その国の、自分と同年代くらいの子たち話す機会があれば絶対楽しいと思う。
今回の旅行で韓国人の日常生活や普段どんなことを考えているかが
少しだけ垣間見えた気がします。まだ氷山の一角だろうけど。
次はアメリカかスペインに行ってみたい。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-13 01:26 | 日記

韓国二日目~基本的に観光~

シャワーの温度調節が利かなくて手間取る。たまにあるよね。
昔の皇帝の居住地に行くが、結構しょぼい。
落葉樹ばかりだったのでどうしても寂しさが・・・。

辛~い、でもおいしい昼ごはんを食べ、明洞のカフェでお茶。
もういつもの恋虹会合のノリですね。ってかうちら以外全員女だし。
となりのテーブルの女の子たちは整形談義に花が咲いていた模様。
裏ごししたサツマイモと抹茶とミルクの飲み物は超まずかった。
その後は鎌倉の小町通りのような明らかに観光スポット、
って感じの場所で土産物を物色するも、どうでも良さそうな品物ばかり
母親が好きそうな布は一万円以上したので買わず。
自分が好きで買うのは良いけど、相手が気いるかどうか分からないものに
無理にお金をかける必要はないかな、と思う。

通りの一角に目を引くディスプレイ(銃とか血とかマネキンとか。画像なくてゴメンなさい)
があったので二階のギャラリーに入ってみる。
オーナーらしき人がいたので話しかけてみると、日本語堪能な方でした。
↑のテーマは「戦争そのものを根底から無くして欲しい。どちらかが悪いのではない」
って感じとのこと。
筑波大の芸術学群に留学して、三年間日本にいたらしい。
新宿でも個展をやったりしたそう。
彼の紹介パンフをもらったが、全部ハングルだったのであえなく断念・・・。

夜は韓国で働いているTけみさんとお食事
お仕事大変そうでした。あんなに食べて飲んであの値段はすごい。

夜中は東大門のナイトマーケットへ!
もう12時近いというのに、街は若者でいっぱい。
1500円のLOUIS VUITTON もいっぱい。
バンコクのナイトマーケットに比べてよく出来てるし、
値段もぼったくってこないので僕は好きです。でも結局何も買わず。
あ、久しぶりに「おっはー」と言われました。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-13 01:01 | 日記

韓国一日目~一期一会~

今日朝九時の飛行機で帰ってきました。

昨日の夜酔っ払って居酒屋にデジカメを忘れてきたので、
画像は一枚もありません(涙)

とりあえず韓国での3日間を振り返ってみます。

颯爽と成田に参上するつもりが、キャリーバッグに足がもつれ気味。
座席は一番後ろで快適でした。
隣に座っていた女の子と、荷物を棚に入れる時にちょっと話したのをきっかけに
右手のラガシャツお兄さんを観察しつつその後も色々しゃべる。
彼女は韓国人で、一年間アメリカの語学学校に行ってたとのこと。韓国の大学は途中で辞めちゃったらしい。
語学学校卒業したらどうするの?と聞くと
「アメリカで布教」との答え。(実はエ○バの証人であることが発覚)。
その国際大会(世界中の信者が集まる会)で日本にも2度来たことがあるようです。

僕が高三まで住んでいた世田谷区のある地域ではエホ○は流行っていて、
休日になると道でおばさん達と布教活動をしている友達と遭遇したりしたのを思い出します。
結構仲良くしていた子が活動している姿を実際に見るのは複雑な気分です。
その子の家は両親と彼、彼の妹が信者なのですが
彼の双子の弟だけは集会に行ったりするのを拒否していました。
幼い頃から両親が信者なのに、よく対抗する気になったなと思う。
常に接しなければいけない家族の方針に逆らうことは、
特に小さな子にとっては死活問題なはず。
先の彼女も4歳の時に親が信者になったとのこと。
まだ頭で色々考えたりできない年だよね・・・

入国審査で彼女と別れ、第一関門のバス乗り場へ。
韓国語が全く分からない自分には、色々止まる市バスはレベルが高すぎるので
主要都市までノンストップで行くリムジンバスを選択。
停留所の読み方を英語で書いてくれたって分からないのよ!
旧字体の漢字を参考にして目的のバスに乗る。
運転手さん同士が体当たりふざけっこしてるのが新鮮でした。

結局そのバスもいくつかホテルに止まったりして、最後は自分一人。
終点に着いて地下鉄の入口を聞こうとするが、英語が通じず苦労。
が、横から別の人が出てきて助けてもらう。
韓国の地下鉄全然座れないし~。

友達と泊まったホテルはちょっとした風俗街にあったので
迷ったらちょっと怖いかなーと思ってたけど
高校生のとき六本木青山ブックセンターの山田詠美サイン会に行こうとして
繁華街で迷った時に比べれば全然やさしいものです。
無事友達と合流し、ベッドの上で一瞬ヴィトンのモデルのポーズのマネをしたりした後、
梨大院のゲイバーANISSEへ。(綴り違うかも)
お化けマンションみたいな外観とは裏腹に、中はとっても豪華!
お客さんの中に日本語ペラペラな方がいたので、カウンターの中に入って相手をしてもらう。
結構長い間話しを聞いていたけど、
疲れさせてないかなー、と思わず気になってしまう。
韓国のゲイの間では発展場はメジャーではなく、ネットで会う
(で即ヤリかどうかは知らない)のが主流とのこと。
軍隊でも色々あったそうです。すごーい。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-13 01:00 | 日記

宗教について

日ごろ結構思い悩んでしまう方な?自分としては
宗教に入ればラクになるだろうな~、とよく思います。
特定の宗教に入信するということは
要するに「最強の自我」を手に入れることだと思う。
これは同時に「思考の枠組み」を決定してしまうもので
何か嫌な出来事があっても、嫌なことをされても
教えに照らし合わせて結局はプラスの方向へと向かう解釈の方法を
状況に応じて当てはめれば良いわけです。
これは水路に似ているんじゃないかなーとも思います。
外のどんな方向から水が流れてきても
水路が整備されていれば水は滞りなく一定の方向に流れていきます。
そもそも価値観の多様性、なんて言ったりするから矛盾に苦しんだり
何を信じて良いのか分からない、という人が出てくるのではないかと思う。
友達や恋人に「気が合う人」を求めるのと同様に
自分と同じ価値基準を持つ多くの人たちと一緒にいられるのは
どんなに心強いことでしょう。

ある程度は(?)体系立った教義に賛同する人たちと定期的に会え、
行動を共にでき心の平安を手に入れることのできる
とても効率の良い方法ではないかなぁ。

でも、僕は死ぬまで自分の頭で物事を考え、感じていきたいと思います。
ただ、自分の思考回路も周囲や既存の価値体系によって作られたものであり・・・
なんて言い出すと深みにはまるので止めておきます。

話は逸れるけれど、ビジネスの世界も宗教チックだな、と
たまに思ったり。
特にカリスマ社長、企業家みたいな方々。
信条の形成→賛同し身を粉にして尽くす人々 
の図式が何となく頭に浮かんでしまう。
[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-12 23:45 | 思ったこと

格付けし合う女たち

を初めて見たのですが、梨花って面白い。
毒吐きキャラは結局損だけど、
毒を吐きがちな人を裏で煽って楽しむ人が怖いなーと思う。
自分も気をつけなきゃ。

ようやく認定試験終了~。
質問に丁寧に付き合ってくれた人、
偶然(?)前日に激励メッセージをくれた人ありがとう。
結構救われました(笑)
結果発表がいつかは分からないのですが、旅行から帰ってきたら考えようと思います。

社情研の面接室から出たときに見上げた空が青くて春を感じたり
夜のベローチェの窓に幾重にも反射した照明が幻想的だったり
図書館で、ずっと前に読んだ東京大学物語を思い出したり
妄想したりしながら日々を過ごしてました。
一人で勉強していると、昔自分がした痛いこととか
嫌な事とかどんどん思い出して精神衛生上よろしくないね。

明日から韓国行ってきます。先発隊と合流できるかが第一関門(笑)
b0056672_22171096.jpg

[PR]
# by crispy_durian1983 | 2005-03-08 22:13 | 日記